僕がフリーターだった頃のお話し①

2022年2月。お店の開業から約4年半。

偉そうにバイトの子達に指導する立場となった今、『自分がアルバイトだった頃ってどうだったんだろう?』なんて思い返してみました。


僕の初めてのアルバイトは高校1年の9月。

近所のガソリンスタンドに1個上の先輩誘われて面接に行ったのです。

その当時は『履歴書』って何?というくらいのレベル。

何せ、働くという事もわからないし、この間まで中学生だった訳ですから、社会との関わり方もわからないヨチヨチの子供でした。


その頃の僕は学校のクラスにうまく馴染めず、絶賛コミュ障発動中。

※別にいじめられていたわけでは無い。このコミュ障はかなり後を引くことになる。


そんな僕が接客業でアルバイトをするというのだから、驚きです。

とにかく面接へ行き、紹介という事もあり採用してしてもらったのです。

当時の時給は700円〜750円くらいだったかな?


僕の働きっぷりと言ったら、それはそれはひどいものだったと思います。

周りは当然自分よりも年上、お客さんも年上。自分のコミュニティとは全く別の環境でした。おまけにコミュ障な訳ですから『いらっしゃいませ』も言えないし、お客さんと会話なんてもってのほか。。

『一体何をしに行ってるんだ!?』と当時の自分に言ってやりたいです。

遅刻や欠勤も日常茶飯事。今考えるとホントに恥ずかしくなるくらい酷いもんです。




そんな当時の自分のことを振り返ると、今ウチで働いてくれている子たちは

『なんて素晴らしいんだ!』と思う訳です。


当然若さ故の甘えみたいなものはありますが、当時の自分に比べれば、素晴らしいとしか言いようがないのです。

僕がもし調子に乗りそうだった時は、『お前なんて全然大した事ないぞ』なんて戒めるための、失敗の記憶として思い出すことにしています。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事