焦りは禁物

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『急いで』というと『焦る』『慌てる』人がいる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕がガソリンスタンドでフリーターとして働いていたころ、

繁忙期になると(タイヤ交換シーズンや年末の洗車ラッシュなど)

タイヤ交換をしながら、オイル交換をしたり、

ピットの外と中で2台同時にタイヤ交換しながらオイル交換。

さらに洗車。

なんてことはざらにありました。


そんな時一番やってはいけないこと。

それは『焦る』です。しかし、お客様をお待たせしている訳ですから、

『急ぐ』はしなくてはいけません。


しかし、『急いで』というと焦ってしまう人が少なくないなぁと

気付きました。


焦る=英語でパニック

パニックになってしまうと、

物事を順序だてて考えられない▶選択肢が少なくなる▶余裕がなくなる▶ミスにつながる

ゆえに余計に時間がかかる。


しかし【急ぐ】はこれの逆だと思っています。

物事を順序だてて考える▶選択しを増やす▶余裕が出来る▶ミスが減る

ゆえに早い時間で作業が完了する。



【焦る】と【急ぐ】はどちらも”時間を短縮する”という意味で捉えがちですが、

【焦る】は情動(自分の中の反応)

【急ぐ】は行動の方法でありますので自分の心の中は、非常に冷静な状態を保ちます。

※これは持論ですが、、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『焦っている』『慌ててている』自分てダサい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんなことをツラツラ偉そうに書いてしまいましたが、

僕も焦ったり慌てたりすることがあります。

そんな時、自分に言い聞かせている事、

それは『俺ってば今焦ってる。。。ダサいな』です。


僕は現在組織のリーダーですので、僕が焦ったらチームがガタガタ音を立てて崩れていきます。


どんな場面でも、リーダーはクールにその時やるべきことを選択し、チームを引っ張っていくことが

非常に大切だと思います。


全員が焦っている場面でも『自分だけは冷静に』

僕の中の『カッコいい』はコレです。


俯瞰で物事を見た時(自分を一歩引いた目線で見てみる)

『カッコいい』とか『かわいい』といった気持ち。

物事の判断基準というのは、意外とこんなシンプルなことでいいのかなあと思っています。